1.契約
契約は、これらの販売条件、注文ソリューションで提供される情報、および特別に合意された条件で構成されます。情報に矛盾がある場合、強制的な法律に反しない限り、当事者間で特に合意されたものが優先されます。

また、この契約は、トレーダーと消費者の間の商品の購入を規制する関連する法的条項によって補完されます。

2.当事者
売り手はSkodi Rein AS、814 998 592であり、以下売り手/売り手と呼ばれます。

バイヤーは注文を行う消費者であり、以降、バイヤー/バイヤーと呼ばれます。

3.価格
商品およびサービスの見積価格は、購入者が支払う必要のある合計価格です。この価格には、すべての料金と追加費用が含まれます。購入が購入者に通知しない前に販売する追加費用は負担しません。

4.契約の締結
買い手が注文を売り手に送信すると、契約は両当事者を拘束します。

ただし、オンラインストアでの注文ソリューションでの売り手からの申し出または買い手の注文にタイプミスまたはタイプミスがあった場合、契約は拘束力を持たず、相手はそのようなエラーがあったことを認識したか、認識すべきでした。

5.支払い
売り手は、売り手から買い手に出荷された時点からアイテムの支払いを請求できます。

買い手が支払いにクレジットカードまたはデビットカードを使用する場合、売り手は注文時にカードの購入価格を予約できます。カードは、アイテムが出荷された同じ日に請求されます。

請求書で支払う場合、購入者への請求書は商品の発送時に発行されます。支払い期限は請求書に記載されており、受領から少なくとも14日です。

18歳未満の購入者は、後続の請求書で支払うことはできません。

6.配達
買い手または彼の代表者がアイテムを引き継いだときに配達が行われます。

納期が注文ソリューションに記載されていない場合、売り手は過度の遅延なしに買い手に商品を引き渡すものとします。当事者間で別段の合意がない限り、商品は買い手に届けられます。

7.アイテムのリスク
商品のリスクは、買い手またはその代理人が品目6に従って商品を配達したときに買い手に渡ります。

8.元に戻す
契約がキャンセル権を免除されない限り、買い手はキャンセル権に従って商品の購入を後悔することがあります。

買い手は、締め切り開始から14日以内に売り手に撤回の権利を通知しなければなりません。期限にはすべての暦日が含まれます。締め切りが土曜日、祝日、または祝日に終了する場合、締め切りは最も近い就業日に延長されます。

期限が切れる前にメッセージが送信された場合、撤回期間は遵守されると見なされます。買い手には、撤回の権利が発動されたという証拠の責任があるため、通知は書面(撤回フォーム、電子メール、または手紙)で行う必要があります。

後悔の期間が始まります:

個々のアイテムを購入する場合、引き出し期間はアイテムを受け取った翌日から実行されます。
購入が複数の配達で構成されている場合、引き出し期間は最後の配達を受け取った翌日から実行されます。

撤回権を使用する場合、アイテムは不当な遅延なく、撤回権の使用の通知から14日以内に売り手に返品されなければなりません。買い手は、特に同意しない限り、または売り手が買い手が返品費用を負担することを表明しない限り、商品を返品する直接費用を負担します。売り手は、買い手の撤回権の使用に対して手数料を設定することはできません。

売り手は、購入価格を不当に遅滞なく買い手に返済する義務があり、売り手から14日以内に、撤回権を行使するという買い手の決定が通知されました。売り手は、買い手から商品を受け取るまで、または買い手が商品が返品されたことを示す文書を提供するまで、支払いを保留する権利があります。

9.配達の遅れと失敗-
買い手の権利とクレームの提出期限
売り手が当事者間の合意に従って商品を配達しない、または遅すぎる場合、これは買い手または買い手の側の事情によるものではない場合、買い手は消費者購入法の第5章の規則に従って、購入価格を保留し、履行を要求し、契約を取り消します/または売り手から補償を請求します。

権限違反の申し立てがあった場合、証拠の陳述は書面(電子メールなど)で行う必要があります。

履行
買い手は購入を維持し、売り手からのフルフィルメントを要求できます。しかし、売り手が克服できない障害がある場合、または履行が売り手に大きな不利益または費用をもたらし、売り手に対する買い手の利益に大きな不均衡がある場合、買い手は履行を請求できません。困難が合理的な時間内に落ちた場合、買い手はまだ履行を必要とする可能性があります。

買い手は、請求を進めるために不当に長く待つと、履行を要求する権利を失います。

隆起
売り手が配達時に商品の配達に失敗した場合、買い手は売り手が履行のための合理的な追加期限内に配達することを奨励するものとします。販売者が追加の期限内に商品を配達できなかった場合、購入者は購入をキャンセルできます。

ただし、売り手が商品の配送を拒否した場合、買い手は購入をすぐにキャンセルできます。合意の締結が合意の締結にとって重要である場合、または買い手が売り手に納期が重要であることを通知した場合、同じことが当てはまります。

消費者が設定した追加の期限後、または契約の締結を決定する納期の後にアイテムが配達された場合、キャンセルの請求は、買い手に配達が通知された後の合理的な時間内に行われなければなりません。

補償
買い手は、遅延の結果としての何らかの損失に対する補償を請求する場合があります。ただし、遅延が、合意の時点で合理的に考慮、回避、または結果を克服できなかった販売者の制御を超えた障害によるものであると販売者が証明した場合、これは適用されません。

10.商品の不足
-購入者の権利と苦情の期限
アイテムに欠陥がある場合、買い手は発見された後または発見されたはずの妥当な時間内に、売り手に欠陥を引き起こすことを通知する必要があります。 2か月以内に発生した場合、買い手は常に時間をアドバタイズします。欠陥から発見されたか、発見されるべきでした。バイヤーが商品を引き継いでから2年以内に苦情を申し立てることができます。アイテムまたはその一部が2年よりもかなり長く続くことを意図している場合、苦情の期限は5年です。

アイテムに欠陥があり、これがバイヤーまたはバイヤー側の状況によるものではない場合、バイヤーは消費者購入法の規則に従って、第6章で購入価格を差し控え、修正と配送のいずれかを選択し、価格引き下げを要求し、契約のキャンセルを要求するか、または/または売り手。

売り手への苦情は書面で行う必要があります。

修正または再配信
買い手は、欠陥の修正を要求するか、同様のアイテムを配送するかを選択できます。ただし、請求の実行が不可能な場合、または売り手が不当な費用を負担する場合、売り手は買い手の申し立てに反対する場合があります。修正または配信は、妥当な時間内に行われなければなりません。売り手は基本的に、同じ欠陥に対して2回以上の修復を試みる権利がありません。

低価格化
アイテムが修正または出荷されていない場合、買い手は適切な価格引き下げを要求できます。これは、割引価格と合意価格の比率が、欠陥品と契約条件の物の価値の比率に対応することを意味します。これに特定の理由がある場合は、代わりに、価格の引き下げを買い手の重要性の欠如に等しく設定することができます。

隆起
アイテムが修正または配送されていない場合、買い手は、欠陥が重要でない場合に購入をキャンセルすることもできます。

11.買い手がデフォルトした場合の売り手の権利
買い手が契約または法律に基づく他の義務の支払いまたは履行に失敗し、これが売り手または売り手の側の事情によるものではない場合、売り手は消費者購入法第9章の規則に従って、商品の差し控え、契約の履行の要求、契約の終了の要求、バイヤーから補償を請求します。また、状況に応じて、売り手は、支払い遅延、回収手数料、および未回収品の合理的な手数料について利息を請求することができます。

履行
売り手は購入を維持し、買い手が購入価格を支払うことを要求できます。アイテムが配達されない場合、売り手は、主張を促進するために不当に長く待つと、権利を失います。

隆起
売り手は、買い手の側で重大な支払い不履行またはその他の重大な違反があった場合、契約を終了することができます。ただし、購入価格の全額が支払われた場合、売り手は出金できません。売り手がフルフィルメントの合理的な追加期限を決定し、買い手がこの期限内に支払いをしない場合、売り手は購入をキャンセルできます。

延滞/回収料に対する利息
買い手が契約に従って購入価格を支払わない場合、売り手は遅延金利法に従って購入価格に利息を請求することができます。不払いの場合、事前通知の後、クレームを買い手に送信することができ、債務回収法に基づく手数料の責任を負うことができます。

未回収の未払い品の手数料
買い手が未払いの商品の回収に失敗した場合、売り手は買い手に手数料を請求することがあります。手数料は、商品を買い手に届けるための売り手の実際の支出を最大で賄うものとします。このような料金は、18歳未満の購入者には請求できません。

12.保証
売り手または製造業者によって与えられた保証は、買い手がすでに義務的な法律の下で持っているものに加えて買い手に権利を与えます。したがって、保証は、ポイント9および10に基づく遅延または不足の場合に、苦情および請求に対する買い手の権利に制限を課しません。

13.個人情報
収集された個人データを処理するのは販売者です。購入者が他に同意しない限り、個人データ法に従って、販売者は、販売者が契約に基づく義務を履行するために必要な個人情報のみを収集および保存できます。購入者の個人情報は、販売者が購入者と契約を締結する必要がある場合、または法定の場合にのみ、他者に開示されます。

14.紛争解決
苦情は、合理的な時間内に売り手に宛てられます(パラグラフ9および10を参照)。当事者は、紛争を友好的な条件で解決するよう努めなければなりません。